棒茶★ 100g

価格

500円(税込540円)

購入数
マルモ森商店 chagamaの茶種シリーズ

一口に『お茶』と言っても、たくさんの種類があることをご存知ですか?
軽く冷ましたお湯でサッと淹れる深蒸し茶に、低温でじっくりじっくり淹れる玉露。
かぶせ茶は、玉露より高めの温度で。
芽茶・棒茶・粉茶はお茶を仕上げる時に出る、出物シリーズ。
比較的高温のお湯がおすすめ。
焙じ茶・玄米茶は迷わず熱湯を注いでください。とってもいい香りが堪能できます。
実際には飲んでみるのが、やっぱり一番違いが分かります!
お店でお気軽に伝えてくださいね。



装飾 上
棒茶は煎茶や玉露を仕上げる時に、製造工程で取り除かれる茎の部分だけで
作られる派生茶のひとつです。日本茶って、茎の部分も飲めるんですよ!
ただ、お茶を製茶する時のおまけで作られるお茶なので、あまり量がとれるわけではありません。
ですが、棒茶はそんな貴重さをおくびにも出さない身近で手頃なお茶。
普段、普通の煎茶を飲まれている方にとっては、黄色くて細長くて平らな葉っぱ(茎)の姿も
物珍しいものかもしれません。

棒茶特有の甘い香りを引き出す為に、お湯の温度は高めで淹れてみてください。
熱めでサッと出すことを意識して頂ければ、棒茶でしか味わえないすっきりとした
香ばしい甘みも楽しめます。

賞味期限 : 製造日より6カ月
保存方法 : 高温・多湿の場所を避けてください。
装飾 下


美味しい飲み方

湯のみ
1. 湯ざまし

人数分の茶碗に熱湯を入れ75〜80度になるまで40秒冷まします。

急須
2. 抽出
急須に茶葉を入れ、茶碗の湯を注ぎます。フタをして、40秒待ちます。
2杯目、3杯目は待たなくてもおいしく飲めます。
茶葉の量:1人分4g 2人分6g 3人分9g

つぐ
3. 回しつぎ
全部の茶碗に濃さと量が同じになるよう少しずつお茶を回しつぎします。
最後の一滴までしっかり注ぎきりましょう。
お茶を注ぎきったら急須の蓋をずらしておきます。